保育施設でのリトミック(ハロウィン)

早いものでもう11月。

朝晩はずいぶんと冷えるようになりましたね。


先週は保育施設でのリトミック、

ハロウィンの内容を取り入れてのレッスンをしました。


『おばけ』や『がいこつ』などのちょっぴり怖い存在は、

子どもたちが大好きです♪



今回は初めて、制作をしました。


夜の空に

お月さま

ジャック・オ・ランタン、、

の顔がない!


ので

この日いちばんの年長さんに、目と口を好きな所へ貼ってもらい、


みんなそれぞれ、お化けの目と口を

シールで貼って。


〇や△の図形と、赤や黒の色の認識。

お化けの口は、『決められた枠内に貼る』作業。


年齢に応じて、目の大きさを小さくしたり

口の形を変えたりもしてみました。



今回は目の位置をあえて自由にしたので

いろんなお顔のお化けたちです♪

(*離さずに貼らなかったり、すぐ剥がして遊んだりしたので、全員分ではないです)


制作の後は

ごみを決められた場所にお片付け。

自分で出来る達成感をもちながら、

社会性も育んでいきたいです。



所沢 小手指・親子リトミック

音楽教室きらりね